寺沢重法のブログ

研究に関連する論文や書籍、時事問題、資料などの紹介と雑感のメモ Twitterプラスアルファが目途 セクシュアリティ、たばこ、台湾、檳榔、宗教、金融、社会調査法etc

【刊行】『中国生活を支えた仲間 (第4回「忘れられない中国滞在エピソード」受賞作品集)』(段躍中編、日本僑報社、2021年)

 第4回「忘れられない中国滞在エピソード」の受賞作品集『中国生活を支えた仲間』が刊行されました(日本僑報社)。

 私は同コンテストの三等賞を受賞し、本書に収録されています。

 「中国と不可分の北海道─コロナ、インバウンド、地域経済」(pp.97-99)

【表彰式・近刊】第4回「忘れられない中国滞在エピソード」の表彰式、受賞作品集『中国生活を支えた仲間』

 第4回「忘れられない中国滞在エピソード」(日本僑報社)の表彰式が開催されます。

 2021年11月28日(日)14:00-15:00(Zoom)

 私も表彰されます。

 受賞作品集『中国生活を支えた仲間』も刊行されます。

 拙稿も収録されます。

f:id:terashige8:20211105124829j:plain

f:id:terashige8:20211105124815j:plain

duan.jp 2021年11月5日閲覧

隙はないが間違った議論(レーニン『国家と革命』)

  引き続きレーニン『国家と革命』(角田安正訳)の中に見られる表現。

 第4章の第5節。  

この種の一見隙のない、しかし実際には間違った議論が、官吏の俸給に対する制限をはじめあらゆる民主主義の制度に関して繰り返される可能性がある。こうした謬見の根拠は、「徹底した民主主義は資本主義のもとでは不可能であり、一方社会主義のもとではあらゆる民主主義は死滅する」というものである。

 

(出典)レーニン角田安正訳)『国家と革命』講談社、2011年、pp.145-146。ふりがなと強調点は省略した。下線は寺沢重法が加えた。

shterazawa.hatenablog.com 2021年11月3日閲覧

髪の毛が1本少ないと禿なのか(レーニン『国家と革命』)

 レーニンの代表的著作の1つである『国家と革命』(角田安正訳)の中にこのような内容の言説が出てくる。

 第4章の第5節である。

 正確には次の引用の通りである。

これは、髪の毛が一本少なかったら禿になるのかという陳腐な冗談にも似た詭弁である。

 

(出典)レーニン角田安正訳)『国家と革命』講談社、2011年、pp.145-146。ふりがなは省略した。

台湾は独立すべきか、統一すべきか(2016年)

 2016年実施の台湾社会変遷基本調査の結果を整理。

 独立か統一かを尋ねる設問には様々なものがあるが、この調査では「独立」「統一」「現状維持」を組み合わせながら尋ねている。

表 台湾は独立すべきか、統一すべきか(2016年実施台湾社会変遷基本調査)
すぐに統一 47 2.5% 1865
すぐに独立 104 5.6% 1865
現状維持(その後統一に向ける) 193 10.3% 1865
現状維持(その後独立に向ける) 339 18.2% 1865
現状維持(独立/統一は将来的に決める) 660 35.4% 1865
現状維持(ずっと続ける) 511 27.4% 1865
その他 3 0.2% 1865
状況による 8 0.4% 1865
合計 1865 100.0% 1865
(出典)傅仰止・章英華・廖培珊・謝淑惠主編(2017)『台灣社會變遷基本調查計畫第七期第二次調查計畫執行報告』中央研究院社會學研究所(2021年10月28日取得、https://www2.ios.sinica.edu.tw/sc/cht/datafile/tscs16.pdf)の「H10 關於台灣和大陸的關係、這張卡片上有幾種不同的看法、請問您比較偏向哪一種?」(p.330)より寺沢重法作成。DK・NA回答は除外した。

 全体的な傾向をみると、現状維持で将来的に決める、あるいは現状維持を望む人は約63%、独立が約24%、統一が約13%、といったところのようである。