寺沢重法のブログ

研究に関連する論文や書籍、時事問題、資料などの紹介と雑感のメモ セクシュアリティ、たばこ、台湾、檳榔、宗教、金融、社会調査法etc

「性依存に関する研究動向と課題─問題あるポルノグラフィ利用の特徴から介入に向けて」(岡部・伊藤2021)

ci.nii.ac.jp

  • 岡部友峻・伊藤大輔(2021)「性依存に関する研究動向と課題─問題あるポルノグラフィ利用の特徴から介入に向けて」『発達心理臨床研究』27:49-57。

 PPU(Problematic Pornography Use)に関する動向論文。PPUとは、ポルノ依存症を含む、ポルノの論題のある利用を意味する。海外ではPPUに関する実証研究が行われているもののの、日本ではほとんど行われていない(pp.49-50)。本論文では、ポルノの定義から始まり、診断基準、発症メカニズム、治療法などが整理されている(p.50-52)。依存症研究、臨床研究などの議論が中心である。

 今後の課題が示唆的である(pp.52-53)。まず、PPUに関する苦痛の自己申告が、宗教観・道徳観によって実態と異なるものになる可能性が指摘されている。これに関して、Grubbsらの研究が挙げられている。また、日本で研究する上での調査精度や測定法も指摘されている。

 確かに、PPUに関する海外の研究(PPUを明記しないものも含む)はしばしば目にするが(Jochen and Patti 2016)、日本の研究はあまり目にしない。本論文は、概念の部分も含めて詳解しているため有用である。文化差も十分に念頭に置く必要があろう。

参考文献

  • Grubbs, J.B., Perry, S.L., Wilt, J.A. et al. Pornography Problems Due to Moral Incongruence: An Integrative Model with a Systematic Review and Meta-Analysis. Arch Sex Behav 48, 397–415 (2019). https://doi.org/10.1007/s10508-018-1248-x
  • Grubbs JB, Kraus SW, Perry SL. Self-reported addiction to pornography in a nationally representative sample: The roles of use habits, religiousness, and moral incongruence. J Behav Addict. 2019 Mar 1;8(1):88-93. doi: 10.1556/2006.7.2018.134. Epub 2019 Jan 11. PMID: 30632378; PMCID: PMC7044607.
  • Jochen Peter & Patti M. Valkenburg (2016) Adolescents and Pornography: A Review of 20 Years of Research, The Journal of Sex Research, 53:4-5, 509-531, DOI: 10.1080/00224499.2016.1143441

『教養のためのセクシュアリティ・スタディーズ』(風間・他2018)

  セクシュアリティに関する社会学的研究のテキスト。大学での講義やゼミを想定しつつ、さらに幅広い読者を対象としている(p.iii)。目次は以下の通りである。

序章 セクシュアリティを捉える視点
1章 セクシュアリティジェンダー役割
2章 性別の越境
3章 性的指向をめぐる問題
4章 恋愛と親密性
5章 パートナーシップと生の多様性
6章 性と暴力
7章 性の商品化
8章 エイズという問題―その歴史と現在
9章 性的マイノリティが経験する生きづらさ
10章 セクシュアリティをめぐる権利獲得の歴史
11章 クィアスタディーズの視角

  LGBT同性婚、ポルノ、セックスワーク、性暴力など、扱われているトピックは多岐にわたる。セクシュアリティとは何か、セクシュアリティジェンダーはどう違うのかなど、セクシュアリティ研究の軸は複雑である。本書の序章と1章を十分におさえておくと全体像をつかみやすくなるだろう。各章末のおすすめ文献では、文学作品や映画なども取り上げられており、より深い理解に繋がっていくと思われる(関連記事)。

レキット、コンドームの売上が増加傾向(BBC 2021年4月28日)

www.bbc.com  2021年5月4日閲覧

 Justin Lehmiller氏のツイートで紹介されていた記事。

 Durexブランドのコンドームで知られるレキット(Reckitt)によると、ここ最近、同社のコンドームの売上が上昇傾向にあるらしい。写真の解説を見ると中国も含めてのことのようである。

 1年前のBBCニュースでもコロナ禍におけるコンドームの売上が報じられていた。

  この時点では売り上げが減少傾向にあったようである。

 関連記事に以下のものがある。

「北京填鴨式」(藤子不二雄Ⓐ1970)

 藤子不二雄Ⓐ「台北挽歌」とともに取り上げられることのある「北京填鴨式」について(関連記事)。

 「台北挽歌」は『ヤングコミック』1970年4月10日号掲載とあり、「台北挽歌」の2年前の作品である。「台北挽歌」は舞台が台湾であったのに対して、「北京填鴨式」の舞台は香港である。あらすじは香港ツアーに来た日本人男性2人が最悪の事態に陥るというもので、食人、暗黒街、戦争などの要素が盛り込まれている。

  「台北挽歌」は単行本化されていないが、「北京填鴨式」は単行本化されているためアクセスしやすい(一部のシーンが削除されているとのことである)。

 次のものがある(pp.173-192)。

 文庫もある(pp.149-168)。 

 作品では九龍城も舞台になっている(Wikipedia日本語版「九龍城砦」(2021年5月3日閲覧))。九龍城かつて香港のスラム街として栄えていたが、現在は取り壊されている。「北京填鴨式」を読むと、1970年初頭の日本において、九龍城、香港には、危険な場所というイメージが付与されていた可能性が推察される。 

 九龍城の様々な情景はこの写真集に収録されている。

九龍城探訪

九龍城探訪

 

松崎道幸・日本禁煙学会理事、ファンの発言は監督本人の発言か?─「映画の喫煙シーンはタバコを吸う子どもを増やす」

  たばこと表現規制に関して、真塚なつき氏のツイートに興味深いものがあった。

 話題になっているのは、日本禁煙学会理事の松崎道幸氏が発表した 「映画の喫煙シーンはタバコを吸う子どもを増やす」という文章である。真塚なつき氏のツイートをなぞりつつ、私も確認してみよう。

 まず、取り上げられているのは「映画の喫煙シーンはタバコを吸う子どもを増やす」 という文書である。著者は日本禁煙学会理事の松崎道幸氏である。

www.jstc.or.jp  2021年5月3日閲覧

 発表年が記載されていないのでいつのものかわからない。引用文献内のアクセス日からするとおそらく2013年ではないかと思われるが(o.13)、サイト更新年の2016年をひとまずの発表年にしておく。

 内容は、映画における喫煙シーンが若年層の喫煙を促進することを示し、日本も喫煙シーンを規制すべきだという政策提言をするものである。

 真塚なつき氏によると、アニメ監督の富野由悠季氏が、映画の喫煙シーンに問題ありとコメントしていると述べられているが、その参照元は富野氏のコメントではなく、富野氏のファンのサイトであるという。

 スクリーンショットを元に確認してみよう

 まず、「富野氏のコメント」が書かれているのは「喫煙シーンのある映像作品を PG12」という章である(p.11)。松崎氏は富野氏が以下のコメントをしているとし、引用している。 

(「風立ちぬ」が)レーティングG(映倫レーティングの「どなたでもご覧になれます)であるからには、表現の仕方もそれに見合うものが要求されます。これは作家を邪魔するものでもなんでも無く、当たり前のことです。そういう意味では、今回の一件に関して、日本の映画倫理委員会には責任があると言わざるを得ません。ジブリ作品だから全部レーティングG図10(16)という判断は、正直今の日本の姑息主義を反映するものがあると感じます。仮にPGならば、誰も文句を言わないのでしょう。(太字引用者。括弧内は引用者追加)

 

 (出典)松崎道幸(2016)「映画の喫煙シーンはタバコを吸う子どもを増やす」p.11。赤字と太字は元々加えられている。斜体は寺沢重法が削除した。

 続けて、富野氏が「喫煙シーンのある映画作品を、子どもに見せる場合に十分な制度的配慮(保護者と一緒に見る(=PG12)、喫煙の有害性に関する警告を上映時に行うなど)をするのが当然であると主張している(17)」(松崎2016:11)と述べているという(赤字は元々加えられている)。

 なお「風立ちぬ」というのは、日本禁煙学会が宮崎駿監督作品『風立ちぬ』の喫煙シーンに抗議をした話である。

www.huffingtonpost.jp  2021年5月3日閲覧

 松崎氏の上の文章に戻ると、確かに富野氏のコメントだととれる。だが、脚注17を辿ると、どうもそうではないらしい。引用文献一覧の17のURLである(p.13)。

kaito2198.blog43.fc2.com  2021年5月3日閲覧

  サイト名は「TOMINOSUKI/富野愛好病」であり、台湾のファンが運営している。ファンのサイトである。松崎氏は、この記事の以下の文章を引用したものと思われる。

 しかし、作品自体から離れるところから見ると、この苦言はやはり一理あると思います。子供は影響されやすいものですし、レーティングGであるからには、表現の仕方もそれに見合うものが要求されます。これは作家を邪魔するものでもなんでも無く、当たり前のことです。

 そういう意味では、今回の一件に関して、日本の映画倫理委員会には責任があると言わざるを得ません。ジブリ作品だから全部レーティングGという判断は、正直今の日本の姑息主義を反映するものがあると感じます。仮にPGならば、誰も文句を言わないのでしょう。

 

(出典)TOMINOSUKI / 富野愛好病 『風立ちぬ』の喫煙シーン、およびタバコ演出に頼らない富野由悠季の考え方(2021年5月3日閲覧)。太字は元々加えられている。

  サイト運営者が書いたものである。富野氏の発言は、この文章のさらに下で引用されている(富野氏の『映像の原則』の「第7章ビギナーの実務」)

 富野氏は、安直な表現や演出一般を批判しており、その一例として、演技が上手くない役者にはとりあえずたばこを持たせておく、という例を挙げている。他にも八の字眉の女性の例が挙げられている。映画のたばこシーンそのものを批判しているというわけではない。ファンは以下のように述べる。 

考えなしに喫煙の演技をやっちゃうのは、やはり一種のルーチンワークのように感じます。いや、もっと悪いのはルーチンであることすら気づかないことでしょう。そしてこれこそが、富野監督が苦言を呈したいことでしょう。

(出典)TOMINOSUKI / 富野愛好病 『風立ちぬ』の喫煙シーン、およびタバコ演出に頼らない富野由悠季の考え方(2021年5月3日閲覧)。 

 真塚なつき氏は次のように締めくくる。

  確かに面白い。