寺沢重法のブログ

研究に関連する論文や書籍、時事問題、資料などの紹介と雑感のメモ Twitterプラスアルファが目途 セクシュアリティ、たばこ、台湾、檳榔、宗教、金融、社会調査法etc

台湾におけるポルノ(A片)視聴者(2008年)

 寺沢(2020)に関連するメモ。サンプリング調査におけるA片視聴者を台湾社会変遷調査で確認する。2008年実施のデータが該当する。

 過去1年において、映画館に行った頻度(B31)、ビデオ、レーザーディスク、DVD、VCDを視聴した頻度(B32)を尋ね、どちらも全くないと答えた人を除き、どのようなジャンルを見たのかを3つまで尋ねている(B33)(張・廖編2009:31、143-144)。

 「A片」は必ずしも映画のみを意味するわけではないが、参考になると思われる。

 3つまでの選択肢を合計した結果が以下の表である。ポルノ映画(調査票の選択肢でA片と書かれている)が該当する。

表 過去1年に映画館、ビデオ、レーザーディスク、DVD、VCDで視聴した映画(回答は3つまで、下記集計はその合計)(2008年実施のTaiwan Social Change Suvey)
  度数 %
恋愛映画 402 20.3%
SF映画 380 19.2%
ホラー映画 271 13.7%
社会派映画 234 11.8%
アクション映画 645 32.6%
ポルノ映画 5 0.3%
コメディー映画 561 28.3%
戦争映画 308 15.6%
スポーツ映画 43 2.2%
ミュージカル映画 87 4.4%
西部劇映画 34 1.7%
宗教映画 37 1.9%
アニメ映画 207 10.5%
武俠映画 202 10.2%
災害映画 121 6.1%
教育映画 48 2.4%
グルメ映画 42 2.1%
ミステリー映画 242 12.2%
その他 62 3.1%
回答洩れ 11 0.6%
わからない・記憶にない 45 2.3%
答えたくない 1 0.1%
該当しない 0 0.0%
合計 1980 100.0%
(出典)張苙雲・廖培珊主編(2009)『台灣社會變遷基本調查計畫第五期第四次調查計畫執行報告』中央研究院社會學研究所(2021年6月22日取得、
https://www2.ios.sinica.edu.tw/sc/cht/datafile/tscs08.pdf)の「B33.您到電影院看電影或是看錄影帶、影碟、DVD或VCD,最常看的是以下哪三類影片類型?」(p.144)より寺沢重法作成。

 映画館、DVD、VCDなどでポルノ映画を視聴するのは5人(0.3%)である(0.3%)。計量分析のハードルは低くないかもしれない。

 もっとも、「性的に露骨なメディア」(sexually explicit media、SEM)について尋ねた場合は、約50%が視聴経験ありと答えている(Lin et al. 2020)。ポルノの媒体の違い、質問方法の違いによって回答結果が変わる可能性もある。 

参考文献

  • 張苙雲・廖培珊主編(2009)『台灣社會變遷基本調查計畫第五期第四次調查計畫執行報告』中央研究院社會學研究所(2021年6月22日取得、

    https://www2.ios.sinica.edu.tw/sc/cht/datafile/tscs08.pdf)。

  • Lin WH, Liu CH, Yi CC (2020) Exposure to sexually explicit media in early adolescence is related to risky sexual behavior in emerging adulthood. PLOS ONE 15(4): e0230242. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0230242
  • 寺沢重法(2020)「書評 日本のアダルトビデオ、台湾へ―Heung-wah Wong and Hoi-yan Yau著『Japanese Adult Videos in Taiwan』」『饕餮』28:166-175。